眼圧について

1.緑内障と眼圧について

現在、日本では40才以上の約30人に1人、約220万人が緑内障とされています。 原因は、一般的に眼圧の異常により起こります。

症状の特徴としては、視界の角が欠けて見えたり、範囲が縮小します。また、日によって見え方が異なるので、自覚するまでに時間がかかります。

緑内障は通常、目の中の「眼圧」が上がることで発症することが多いのですが、眼圧は正常のままでも発症することも見られます。

緑内障の症状とは

症状 見え方 原因

【見え方 : 周辺の映像が欠ける】

 ≫ 眼圧が上がる
 ≫ 視力が下がる
 ≫ 視野が次第に欠ける
 ≫ 目の中心をやや外れた所に暗点できる

上の写真のように、視野が部分的に欠けるのは、「視神経」が死んでしまい、脳に視覚の情報が伝わらなくなったために起こります。

緑内障の症状は、20〜30年とかかってゆっくりと進行する場合が多く、気付いた時には手遅れとなることがあります。片眼だけではなく、両眼ともに起こるのが特徴です。

40才以上の30人に1人が発症

緑内障の患者は200万人と言われ、40才以上の人の場合、30人に1人が緑内障と言われています。

失明率は、「糖尿病網膜症」に続く第2位で、毎年2000人程度が失明しています。これは、緑内障の症状がかなり進行するまで自覚症状がないためです。

とくに、眼圧は正常なのに緑内障と同じ症状の「正常眼圧緑内障」が半数以上もいるといいます。

眼圧の異常(上がる)⇒ 発症

眼球は常に丸く保たれています。これは、眼球自体に房水という水による適度な張りによるものです。そしてこの張りが「眼圧」です。

眼圧

【 眼圧 】 : 正常値は10〜20mmHg 程度



眼圧が高くなると、房水の量が多くなり、眼球がふくれて 「視神経」 を圧迫します。
すると、視神経の一部が死んで脳に情報が送られず、そのため視界が欠けて見えるのです。

「房水」という液体は、毛様体という部位から分泌され、隅角という部分から排出されます。

しかし、隅角の部分が老化すると「房水」を排出することができず、眼圧が上がってしまいます。これが「緑内障」の始まりです。

視神経と眼圧

【 眼圧が視神経を圧迫 】

「先天性緑内障」〜視神経の死滅により失明

眼科で検査をした結果、「先天性緑内障です」 と医師に告げられることがあります。

「現在、あなたの眼圧は25mmHgです」
「正常眼圧は、10〜20mmHgなので緑内障です」

などと言われます。先天性は、生まれつき眼圧が高い状態で、 「眼房水」が排泄される部分の発育が悪いことが原因です。

先天性をこのまま放置しておくと、角膜や強膜が伸びてしまい、黒目部分が大きくな ったりして視神経の圧迫し失明に至ることもあります。