> 緑内障の特徴と改善方法〜2

緑内障(りょくないしょう)の症状と特徴について

「緑内障」とはどのような病気そして症状なのでしょうか。ここでは、様々な種類の特徴や症状などを説明しています。

1.特徴その1〜視覚障害

視覚障害のある方は中途視覚障害者が半数以上を占め、41歳以上から何らかの形で視覚障害を起こしたと考えられます。

2.「緑」って何ですか?

緑内障の「緑」という表現はどのようなことから名づけられたのでしょうか?

3.痛みが感じられない

急性閉塞性緑内障の場合以外では高眼圧であっても痛みを感じることはないと言われています。
4.視野欠損は意識しずらい
症状が進行していても、視野が欠損している状態を気づきにくいのはなぜでしょうか?
5.左右対称に進行
症状が気づかれないづらい特徴として、左右対称として同時に進行していることが挙げられます。
6.片目だけはならない?
症状の程度には左右で差があることもありますから、左右の進行具合を確認することが必要です。
7.この眼病は治らない?
「治療をしなければ」いずれは失明してしまうということも嘘というわけではありませんが、早期発見が重要です。